戻る 目次 

大友の姫巫女

南海死闘編

第四十三話 尼子の残光 ある補佐官の戦場


「ほうほう。
  この地にはそんな事があるのか。
  わしがいた尾張の地にも似たような事があってのぉ……」

 羽柴秀長は羽柴家の押しも押されぬ№2であり、今回の丹波遠征軍の総大将でもある。
  そんな重鎮が丹波の村の一つで、茶を飲みながら老人達と話す姿からそんな威厳も武威も感じる事はできなかった。
  彼の羽柴家における役割というのは当主である羽柴秀吉の代理として留守を守る事や、尾張の農民から身を興したゆえの家臣団形成における人間関係の軋轢の仲介、領地および占領地の統治など主に後方における働きが主になっている。
  それゆえ、丹波遠征という羽柴家だけでなく織田家にとっても大事業となってしまったこの戦の総大将として『大丈夫か?』という声がなかったと言えば嘘になる。
  事実、羽柴秀長派遣後に丹羽長秀や明智光秀の派遣の声が織田家中からあがったし、羽柴家中でも『荒木村重や長岡藤孝の方が良いのでは?』という声が聞こえていた。
  だが、幕府や朝廷に睨みが効き石山本願寺から一向宗が攻めて来た時に芥川山城から横槍を入れる長岡藤孝を動かすわけにもいかず、畿内情勢に詳しく八木城攻めで功績をあげた荒木村重をそのまま置いておく訳にもいかなかった。
  荒木村重はこの八木攻めで織田家直臣になる事が決定しており、羽柴秀吉が丹波一国を褒章して与えられる代わりに彼が取り仕切っていた摂津と播磨の国衆の取りまとめを任されて来るべき石山本願寺攻めの総大将となる事が内定しており、彼にこれ以上丹波で功績をあげられる事は羽柴秀吉の立場が逆転しかねなかったのだ。
  羽柴秀長には、羽柴秀吉のような人たらしの華やかさや弁舌はない。
  羽柴秀長には、織田信長のような天才的戦略眼や壮大な構想もない。
  羽柴秀長には、大友珠のような大局観や経済観なんて持っているはすがなかった。
  彼にあったのはごくごく普通の才能でしかない。

 出来ることを、真剣に、淡々とこなし、才能ある部下に仕事を任せ、自分が責任を取る。

 それが、羽柴秀長という人だった。

 着任後に羽柴秀長が行った最初の仕事は、占領した内藤領における領地の掌握だった。
  内藤如安に幾ばくかの領地が返される予定であるが、自前で切り取った領地でもないし今回初陣という若手だった内藤如安が内藤領を掌握できる訳も無く。
  八木城と大部分の内藤領がそのまま羽柴家のものになる事は内藤如安の庇護者でもあった松永久秀も了承していた。
  それゆえ、新領地を早急に掌握する必要に迫られたのである。
  新領地が安定しないと赤井一族の支配地である丹波奥地への侵攻などできる訳がないからだ。
  そして、その掌握の為に羽柴秀長は少人数で村々を回り、村人達と話をする事で実態を探っていたのである。

「しかし、悠長な事をしているのぉ。兄者」
「まったくじゃ。弟者。
  戦と呼ばれて来て見れば、見世物が仕事とは……」

 明智光秀配下で援軍に来ていた真柄兄弟が馬に揺られながらぼやく。
  その大太刀は村人を驚かすのに十分だったのもあり、羽柴秀長の懇願で護衛に名を連ねていた。
  もちろん、羽柴に逆らったらこの大太刀でずんばらりんという無言の圧力つきで。

「お疲れ様でした。羽柴様。
  この後は試し合戦を見物する事になっております」

 絢爛豪華な花魁衣装で羽柴秀長の秘書として付き従っているのが、尼子衆から借り受けた井筒女之助。
  この男の娘に綺麗な衣装を着させて立たせておくだけで羽柴(織田)家の財力と『うちにつくとこんな娘と話せるぞ』という飴であるのは言うまでもない。
  なお、大友家中でおもちゃにされたこの男の娘は、某姫の手紙からねねさん経由でそのおもちゃぶりが暴露されて不幸属性に磨きがかかっている。
  ついでだが、その美貌で織田信長から再三再四直臣(愛人)の誘いがやってきており、某森一族の四男が織田信長に出仕した時にこの男の娘を強く意識したとかなんとか。

「此度の試し合戦の相手は日根野殿率いる浪人衆相手に尼子党が当たるのだったな。
  真柄殿。
  浪人衆はどれぐらいで使い物となると思うか?」

 羽柴秀長の質問に二人同時に首を横に振る真柄兄弟。

「この戦の間には間に合わぬだろうよ。兄者」
「弟者と同じ意見だ。
  正直、これで合戦をしたくないというのが本音だ」

 兵だけは何とか一万を確保した羽柴軍だが、軍勢という観点でみたらとても合戦など行える状況ではなかったのである。
  日根野弘就率いる丹羽勢は浪人衆である以上錬度なんて期待できず。
  尼子党も畿内での急拡大に内部の錬度が均一化されておらず。
  松永勢に至っては、兵よりも将の一人である内藤如安が初陣という未知数さ。
  安定して戦力として換算できるのが羽柴秀長率いる二千と福屋隆兼の千、そして真柄兄弟の二千の五千しかなかったのである。
  それゆえ、尼子党と丹羽勢と内藤勢の三者を試し合戦で徹底的に鍛えることにしたのだが、付け焼刃なのは誰の目にも明らかだった。
  ちなみに、この問題は織田家中全体で問題化しており、いかに倶利伽羅峠の惨敗が痛かったかを如実に物語っている。
  真柄兄弟の率直過ぎる言葉に羽柴秀長はため息をつく事しかできない。

「まぁ、急ぐ事はあるまいて。
  いざとなれば、それがしが全ての責を負う故」

 羽柴秀長は八木城にやってきてその惨状を目の当たりにした時点で、この戦を負けない戦いに切り替えていた。
  元が侍ではないはない彼はそれゆえに客観的に自らがおかれた死地に気づいていたし、小寺孝高の解説があったとはいえ織田信長の構想を理解した結果、丹波制圧に意味を見出していなかったのである。
  実は、若狭から丹波を経由して京都に入る街道は八木城から北に上り、討伐目標である赤井一族の勢力圏である丹波西部とは方向が違っていた。
  おまけに、赤井の背後には繋がっている波多野がおり、波多野の背後には姻戚関係で播磨国別所家が控え、対岸の淡路島には毛利水軍が目を光らせていた。
  それゆえ、連鎖して毛利まで繋がったら本願寺攻めどころではなく、織田家の西部戦線全域が大崩壊する事を羽柴秀長は否応無く理解していたのである。
  このような詰んだ状況での方針転換を羽柴秀長があっさり決めたのは、それによって織田信長の不興を買うのは自分で兄である羽柴秀吉を守ろうとする補佐官としての決意に他ならない。
  同時に、この方針転換で打つ手が広がったのも事実だ。
  小寺孝高に命じて別所家経由で波多野家に働きかけで交渉の窓口を作らせ、兄である羽柴秀吉に頼んで長岡藤孝を動かして幕府・朝廷より使者を派遣して穏便に解決する道筋を探らせた。
  この方針転換を羽柴秀吉も織田信長も黙認した。
  何よりも彼らは現在の織田軍が再建途上である事を知っていたし、倶利伽羅峠の大敗で威信が低下している織田家の面子を保つ為だけに丹波の謀反を放置できない事情を熟知していたからである。
  それゆえ、全ての不興を買う事を買って出た羽柴秀長の手に彼らは飛びついた。
  織田信長は諸将の席で羽柴秀吉を丹波攻めが遅々として進まない事として叱責し、羽柴秀吉は同じように山崎城に羽柴秀長を召喚して諸将の前で糾弾したのである。
  これによって織田家西部戦線の主戦場は丹羽長秀が総大将として行われる丹後攻めに一本化され、羽柴秀吉の丹波攻めはその助攻として位置づけられて戦略的自由度を確保した。
  出世レースより後退したように見える羽柴秀吉だが、織田信長の叱責以外に懲罰は無くて丹波攻めの全権はそのまま、制圧した内藤家の所領も羽柴家に組み込み知行は二十万石を超えていたのである。
  何よりも大きかったのは助攻に位置づけられた事でこの死地を改善できる時間的猶予が与えられ、諜略による解決という選択肢が取れるようになったのが大きい。

「小一郎。すまぬ」

 山崎城の一室で羽柴秀吉が弟に下げた頭こそ、羽柴小一郎秀長にとって最高の褒美だった。
  なお、織田信長も公的には叱責処分を下している事もあって、濃姫経由でねねに手紙を送り羽柴秀吉・秀長兄弟を気遣っている事をここに記しておこう。

 試し合戦は丹羽勢および尼子党とも無様を晒すという散々たる結果に終わった。
  尼子党は幾分ましとはいえ、統一行動にむらが出て効率的な追撃ができず山中幸盛ら将の力で防いでいるに過ぎず、丹羽勢に至ってはそんな尼子党の攻撃で瓦解する時点で全てを物語っている。
  羽柴秀長が陣の中で絶望のうめきをあげていた時に小寺孝高が竹中重治と共にやってくる。

「お二方が揃って。
  何かあったのですかな?」

「播磨の方に動きが。
  別所はやはり毛利とつるんでいた事が分かり申した」

 小寺孝高が力なく笑う。
  別所家だけでなく播磨の国衆の多くが毛利側についたのも、倶梨伽羅峠合戦以後の威信の低下以外にありえなかった。
  おまけに、播磨担当が羽柴秀吉から荒木村重に交代した隙をつかれ交渉チャンネルそのものが消えた国衆も多く存在し、小寺孝高みたいに織田家に深く関わった者を除いて播磨は毛利の影響下に収まりつつあったのである。
  これで赤井攻めがそのまま毛利との一大決戦になる可能性が濃厚になり、決戦の回避を模索していた羽柴秀長にとってその選択が正しかった事を意味するのだが嬉しい訳がない。 

「ならば、手早くこの戦を終わらせるのが肝要。
  お二方の知恵を是非とも拝借したく」

 頭を下げようとした羽柴秀長を竹中重治が手で制する。

「殿から言伝を。
  『近衛様に動いてもらう』と」

 羽柴秀吉からの伝言は今回の赤井攻めに朝廷を仲介させて事態を収拾させるというものだった。
  荻野直正の継室が近衛家の娘という事もあって朝廷側から働きかけを頼み、赤井家から多額の支援を受けていた朝廷もこれを了承したのである。
  その舞台を整えたのが近衛前久で、近衛家としても貴重な支援者である赤井家を滅亡に追い込みたくなかったので積極的に仲介を買って出ていた。
  とはいえ、互いに武力を持って敵対している状況で話し合いなど進む訳も無く。
  某魔砲少女のドクトリンである『話を聞いてもらうために最大戦力でぶん殴る』はこの戦国時代だからこそ説得力があるのである。
  その為、どちらにせよ一回は合戦は避けられそうもない。

「やはり赤井との戦は避けられぬのか……」

 羽柴秀長のうめきとは裏腹に、竹中重治がじっと地図を睨んで口を開く。
  その表情に困惑というか迷いというのが出ており、それは言葉にも残っていた。

「此度の戦、松永殿より聞いた西国の姫の手とするならばあまりに素直。
  それゆえ、こちらにて話を聞き、手筋を確かめに来たのですが……」

 打ち手が見えるのだが、その手筋が詰み手になっている。
  比叡山延暦寺焼き討ちから倶梨伽羅峠合戦までに見せた珠姫の派手かつ大技のひっくり返しと違い、分かりやすく堅実な詰み筋ゆえ『何か裏があるのでは?』という迷いを竹中重治は捨てられなかった。
  そんな疑念を顔に表したままの竹中重治を置いておいて小寺孝高が再度口を挟む。

「堺の商家、小西家より気になる話が」

 堺の豪商の一つである小西家は瀬戸内海有数の商人ではあったのだが、毛利家の神屋や大友家の島井みたいな御用商人になったと堺で噂になっている家だ。
  その小西家を御用商人として指名したのが、備前・美作で成りあがった戦国大名宇喜多家である。

「その小西家がどうした?」

「はっ。
  どうも、先ごろ殿が千宗易に与えた商いについて尋ねているとか。
  御用商人ならば得た備前・美作に注力するのが筋だろうにと噂になっており」

 この場合の尋ねるというのは商人的比喩で、要するに丹波の商いに小西家が介入しているという事なのだろう。
  羽柴秀長の問いかけに小寺孝高が答え、それに竹中重治が口を挟む。

「確かに奇妙な。
  丹波の商いについては殿が珠姫に銭を借りる代償として与えたものを千宗易が買い取っているはず。
  毛利とはいえ、銭がらみであの姫を怒らせる事は……!」

 言いかけていた竹中重治の言葉が止まり、一同の視線が集まる中吹き出た汗を拭う事すらせずに唐突に竹中重治は怒りで床をぶっ叩く。
  その唐突極まりない行動に一同が置いてきぼりを食らっている中で、冷静になるべく目を閉じて竹中重治が呻く。

「ぬかった……指し手が違っていたのか……どうりで迷う訳だ……」

 その一言で小寺孝高も竹中重治の気づいた事に気づく。
  羽柴家および織田家が暗黙の内に考えていたロジックが崩壊した瞬間だった。
  珠姫が丹波の権益を担保に銭を貸す事で、珠姫が丹波は織田領と認めたというのがこの丹波攻めの前提だった。
  だが、既にその丹波の権益は千宗易が買い取っており、彼女自身の利益は確定している。
  おまけに、若狭湾復興の為に明智光秀や丹羽長秀と話をしだしている。
  彼らの領地から近江琵琶湖周りの道が保障されるのならば、丹波ルートはメインではなくサブに終わる。
  ならば、丹波をどうしようか知った事ではない。
  
「ならば、この指し手は毛利か」

 羽柴秀長が自身の怯えを見せる事ない落ち着いた声で尋ねるが、二人の軍師は沈黙で肯定を伝えた。
  指し手が毛利に変わった途端、見えていた詰み手の方向が羽柴だけでなく他の所にも向けられているのに気づく。
  播磨は宇喜多直家の主君だった浦上宗景が落ち延びており、それを大義名分に毛利の許可を得て播磨に手を出していた。

「小寺殿。
  毛利に靡いた連中の頭は宇喜多で?」

 竹中重治の問いかけに小寺孝高が即答する。

「宇喜多に頭を下げた所で陪臣になるだけ。
  毛利の使者は海から来るゆえ、おそらく毛利にじかに頭を下げて……
  そうか。
  毛利と一括りにするのが間違いだったか!」

 播磨が毛利勢力下に入った場合は毛利に従属している宇喜多家は勢力拡大の方向を失うし、宇喜多が播磨を取ったのならば小西家が丹波にちょっかいをかける理由が見える。
  そして、この宇喜多の行動から毛利は戦国大名に成りあがった宇喜多直家をまったく信用していないという事が透けて見えるし、宇喜多直家もそれを知っているから小西家を使ってこちら側に情報を流したのだ。
  おまけに、赤井家対策で山名家と織田家は外交関係を結んでおり、播磨からの介入がしくじっても山陰の因幡・但馬を支配する山名家攻撃の理由になる。
  清々しいまでの複数同時詰みという手を打ってきた毛利の謀将の名前を小寺孝高が声を押し殺して吐き出したのだった。


「……小早川隆景……」

 

 

 

 おまけ

 補佐官と軍師二人が詰み手に苦悶する傍らで、

「暇だな兄者」
「言うな弟者。われらに上の話は分からぬゆえ戦で結果を出せばよい」
「分かろうという気、まったくないんですね。お二方……」





 

戻る 目次