戻る 目次 次

大友の姫巫女

南海死闘編

第五話 木崎原合戦 一条家日向派遣軍 

「もう、四郎なんて知らない!!」

 しょっぱなから四郎と大喧嘩中の珠です。
  これだけ派手にやらかしたのは、「お口と手とお尻は浮気じゃない」と父上と母上まで巻き込んでの大喧嘩以来だったり。
  なお、

「姫はそれがしでは足りないのですか!」

 と激昂する四郎に、

「だって、四郎分身できないじゃん」

 の一言で撃沈してしまい、

「鶴や恋もいるから、あまりさせたら四郎枯れちゃうし」

 がとどめになって父上の所に。
  逆だろう。色々と。
  どたどたと杉乃井の廊下を歩きながら、喧嘩の原因を振り返る。
  まぁ、私の自業自得ではあるんだけど、現在行われている二つの出兵計画に関する事だった。
  それが、浦上領出兵計画と日向救援計画である。

 まず先に浦上領出兵計画から話そう。
  現在毛利家は総帥輝元(実際に動いているのは吉川と小早川の両川だが)の指導の下で、浦上領侵攻計画を練っている。
  何しろ輝元は、初陣である浦上戦で宇喜多直家率いる浦上軍に明善寺合戦で大敗するという失態を演じている。
  ただでさえ吉川元春と小早川隆景の二人に実権が移っている現状で家督を継いだ場合、確実に国人衆から舐められるという訳で汚名を返上する必要があったのだ。
  とはいえ、小早川隆景は直轄領に組み込んで新しい備中から離すのは怖い。何しろ隣の備前に宇喜多直家がいるのだ。
  で、そんな情況を四郎宛に手紙で嘆いた彼に四郎経由で私が案を出したのだ。
  それが、海上からの播磨侵攻計画である。
  備前・美作にまたがる浦上領の内、備前の宇喜多を小早川が抑え、輝元自身は三原まで出向いて水軍を監督しつつ淡路に拠点を築き、浦上領の背後になる播磨国守護だった赤松氏を支援する。
  そして、出雲の吉川元春が美作を急襲して奪い取り、浦上の勢力を削って宇喜多直家を寝返らせるという手である。
  何の事はない。
  私が信長にやって、信長がそれをまねした、同時飽和攻撃の亜種である。
  馬鹿の一つ覚えではないが、大兵で押すならこれほど安心な手も無い。
  もっとも、連絡を密にしないと各個撃破されるという欠点もあるが、あの両川でそんな失態は犯さないだろう。
  で、輝元提案として「さすが輝元様」と家中で持ち上げられたその時に、安国寺恵瓊が私の所にやってきて、具体策とその詰めを協議していたり。
  やっぱり侮れないわ。小早川隆景。誰がこの案を出したかちゃんと見切ってやがる。
  さて、この播磨なんだが守護赤松氏の衰退で東播磨の別所家は独立状態だし、その下の守護代をやっていたのが現在ぶいぶい言わしている浦上家だったりする。
  あげくに、赤松氏内部でも激しく対立が。
  先に出した別所も赤松分家だったりするし、赤松そのものも置塩赤松や佐用赤松や竜野赤松といった具合に個々で割れきっているし。
  どどめに親子対立や兄弟対立やらもうぐちゃぐちゃ。
  ここ見ていると、父上の血の粛清がいかに偉大であったか思い知らされる。
  そんな状況だから、気づくと他国の草刈場になっている播磨なんだが、現在ちょっかいを出しているのが浦上と織田である。
  この二国、毛利の脅威を感じていて浦上は背後を固めるために、織田は浦上を対毛利防壁に使うためにという同盟が成立している。
  こっちの手が一手遅かった結果、浦上・織田軍の播磨侵攻が先に行われ、織田側の総大将が羽柴秀吉で副将が松永久秀、池田勝正・伊丹親興・和田惟政等が率いる一万の兵力に別所長治・小寺政職らも同調。
  あっという間に一万六千の大軍に膨れ上がっていた。
  一方の浦上軍が毛利を警戒しながらの出兵で、浦上宗景が率いる五千の兵しか出していないあたり、この侵攻の主導権がどちらにあるか分かろうというもの。
  結果、置塩赤松家では当主赤松義祐が降伏の後隠居。後を親織田派の則房に取って代わられ、竜野赤松家では降伏した赤松政秀がつい先ごろ毒殺されるという報告が。

 わー。だれのしわざなんだろうねー。(棒)

 そんな織田・浦上連合軍は、現在佐用赤松家赤松政範の上月城を包囲中。
  なお、織田は調子に乗っているらしく、信長自ら率いる主力は浅井朝倉攻めのクライマックス中。
  美濃・近江・若狭と同時に攻め込まれた織田の大軍に一乗谷は炎の中に消え、小谷城は風前の灯だとか。
  このまま播磨を織田に食われてなるものかと洋上からの赤松支援を画策する為に淡路国の岩屋城に拠点を築いているのだが、これに多大な功績があったのがうちにいる安宅冬康である。
  何しろ、彼は元々この淡路国を治めていただけに、根回しはうまくいって何の妨害もなく拠点化が進められたのである。
  もちろん、費用は毛利払い。
  そんな拠点化だがうまく行き過ぎた。それが厄介事を呼び込むのだった。

「安宅殿を三好に戻す事を考えませぬか?」

 何度目かの協議の時に安国寺恵瓊の口から出たのはこれである。
  そもそも畿内に覇を誇っていた三好家は、三好長慶亡き後領国が畿内派と四国・淡路派に分裂してしまっている。
  あげく、畿内三好家を統べる三好義継は織田信長の傀儡と化してしまい、反攻を企んだ三好三人衆の主導で始まった野田・福島合戦は信長の速攻で崩壊して和議を結んで四国に逃げ帰るしかできなかった。
  そして、彼らの本拠である阿波は現在土佐長宗我部家の猛攻を受けて、畿内反攻などもはやできない状態になってしまっていた。
  忘れてはいないのだが、安宅冬康は三好長慶の弟の一人として三好政権を支えていた重鎮の一人だ。
  松永久秀と三好三人衆に粛清されそうになった時に、私がかっさらって南蛮船を任せたのだけど、政敵である三好三人衆がいる三好家に戻せばまた粛清されかねないし、長宗我部へ与える餌として阿波を見ていたので放棄した提案だった。

「彼が三好を継げば、四国・淡路だけでなく、摂津や和泉河内の三好家に従っていた勢力にも影響力を広げる事ができます」

「言わんとする事は分かるけど、三好三人衆と松永久秀どうするのよ?」

 私の言葉に安国寺恵瓊はすらすらと答えを用意する。

「この話、毛利からではなく、阿波と讃岐の三好家から出ているのですよ。
  長宗我部の攻撃を抑えきれない三好三人衆に、かの国の国衆が離反している次第で」

 そういう事か。
  足元に火がついているからこそ、四国の国衆は元々畿内三好家の系列である三好三人衆を見限ったという訳だ。
  こりゃ、三好長くないなと思っているとは知らずに、安国寺恵瓊はもう一人の人物の事を口にした。

「松永殿はこの話を聞いて、
  『三好が一つになる好機。それがしでよければお手伝いしたい』と」

 ボンバーマンっ!!!
  あんた、どの口がそれを言うかっ!!!!!
  まぁ、あれはもうしょうがない。
  ボンバーマンだし。

「南蛮船での淡路支援はお約束しますが、安宅冬康については考えさせてください。
  真面目な話、彼を死地に送りたくは無いのです」

 ちなみに、ひっそりと行われたポルトガルとのルソン侵攻軍の大友側の大将が彼だったりする。
  永禄11年(1568年)から始まったこの侵攻は、大友側の南蛮船が五隻+倭寇勢力から十数隻のジャンクを動員し、ポルトガル側の南蛮船も五隻参加するという一大洋上侵攻となり、ルソン島からスペイン勢力を蹴散らし彼らの拠点であるゼブ島も陥落。
  全島制圧なんて到底できないので殖民都市を築くだけで精一杯なのだが、極東からの反撃にスペインは呆然としたとか。ざまぁみろ。
  で、その殖民都市経営に志願した商人がいたので彼に丸投げしたのだが、その人物が堺の豪商納屋才助で、マニラとゼブ島の日本人街を任せている。
  おかげで、蝋燭、麝香、真壺、ルソン壺、唐傘、香料など珍品が献上されたり、香辛料、磁器、象牙、漆器、絹製品などが日本に流れ込んで笑いが止まらなかったりするのだが。
  なお、これらの交易で一番潤っているのが実は南米スペイン領向けだったりする。
  ポルトガルと組んだのが幸いして、スペインでは「極東の現地人をそそのかして実際にルソンを攻めたのはポルトガルだ」という声が上がり、ポルトガルとスペイン間の外交環境が壮絶に悪化していたりするが知ったことではない。
  実際、ポルトガル商人を大友は優遇しているし、南米航路については全てポルトガル商人に任せているのだ。
  話がそれたが、こんな感じで交易が活発化しているので、いまや日本人でもっとも南蛮船を操れる彼を手放したくないのだった。
 


  まぁ、浦上家についてはこんな所なのだが、問題はこっちの方。日向救援計画。
  救援と名がついているあたり察してほしいのだが、伊東家の情勢が思わしくないのだ。
  それもこれも、南蛮人襲来からの騒動で発生した鳥神尾合戦のせいである。
  この合戦で菱刈家が滅び、援軍に出た相良家と伊東家も甚大な被害を蒙った。
  通常の合戦ならその回復にさほど問題はなかったのだが、この合戦、異常なぐらい死者が多い。
  ゲームなどでは忘れそうになるが、人間というのは戦力になるまで十数年かかる生き物である。
  だから、このように一合戦で多数の死者が出ると、その回復にえらく時間がかかるのである。
  さらに戦力回復ができたとしても問題がある。
  この時期の兵士というのは、ほとんどの大名家が農家から徴兵している。
  つまり、それが居なくなるという事で、生産力にも打撃を受けてしまうのだ。
  戦力の低下に生産力の低下とというダブルパンチに、普通の大名家は耐えらず、それに見切りをつけた国人衆の離反という形で大名家は滅ぶ。
  では、その滅亡の危機を相良家と伊東家はどう乗り切ったのか?

 相良家については簡単である。
  この家は既に大友家に従属しているから、大友家が全面支援をしたのである。
  具体的には、夜盗どもを薩摩に送って略奪させたり、小競り合いに隈府鎮台の兵を後詰に出したり。
  手を変え品を変え、

「相良に手を出したら、ただじゃ済まんからな!」

 と島津に恫喝し続けたのである。
  もっとも費用も馬鹿にならず、薩摩の防諜体制と治安維持(何しろ大口を守っているのはあの新納忠元だ)で送った夜盗の半分は帰らずじまい。
  人件費の高騰に、大友領内の犯罪者すら送って、

「悪い事すると薩摩に送りますよ!」

 と、世の母達の叱り文句の一つになる始末。
  あげく、それでも人が足りないから倭寇まで雇って送り、言葉も分からず文化も違う彼らにとって格好の餌となった肥薩国境は虐殺とその仕返しの皆殺しの嵐に。
  とても殺伐とした状況なのだが、なんとか相良は持ちこたえているのだった。

 だが、日向の伊東家は実を言うと大友と従属関係でもなんでもないただの『お隣さん』なのである。
  むしろ、延岡あたりを支配している土持氏あたりを従属化してしまったので、冷戦状態と言っても過言ではない。
  『島津を追い払うために大友に助けを求めたら、大友に乗っとられた』は避けたいのが戦国の常である。
  そして、困ったのが伊東家自体が事態を深刻に見ていなかった事も大きい。
  ……その原因は間違いなく私にある訳なのだが。
  まず、大隈の肝付氏が私の金で転んで親島津から反島津に転向し、しかも元々菱刈用にと私が援助していた雑賀鉄砲衆を飫肥に投入。
  その結果、伊東家は念願の飫肥城を落として我が世の春真っ盛りである。
  更に、私が始めた南蛮船建造や大友領内の公共事業で木材価格が高騰すると、日向杉が高い値で売れて経済的にも回復傾向にある。
  どどめとばかりに島津家では永禄11年(1568年)に島津中興の祖と言われる島津忠良が世を去り、隠居したとはいえ影響力が大きかった島津貴久が肝付を牽制している最中に病に倒れるという報告を受けたばかり。
  そして、私の捨て身というか容赦ない肥薩国境の修羅場に島津が奔走しきっているのを見て、誰かが囁いたのだろう。馬鹿野郎。

「今なら、真幸院取れるんじゃね?」

 と。
  真幸院、今で言う所の宮崎県えびの市の事なんだけど、ここは薩摩・日向・肥後と国境を接し、肥沃な穀倉地帯という事もあって、南九州随一の戦略的要衝なのだ。
  そして、唯一日向に残った島津家の拠点でもある。
  幸いにも大隈は肝付家が島津を抑えてくれるし、肥後の相良家とは伊東家は同盟関係にある。
  で、双方島津に痛い目にあわされているので、借りはぜひとも返したいと来たもんだ。
  もちろん、伊東家だって馬鹿ではない。
  きっちりと兵を揃え、確実に勝てる戦力で侵攻する予定なのだ。
  その数三千。

 聞いた瞬間、あの立ちくらみは忘れたくても忘れられない。
  真幸院、伊東軍三千、そして島津側守将を聞けばいやでも悟ってしまう。
  飯野城城主、島津義弘。
  今はまだ島津忠平と名乗っているみたいだけど。


  き、木崎原合戦のフラグきたこれ。


  壮絶にまずい。
  何がまずいって、いかにこの状況が危機的なのか説明できないのがまずい。
  というか、普通十倍の兵力差があるのに負けるというのがおかしい。
  何より、この合戦で伊東家は没落し、孤立無援と化した肝付家は降伏する事で島津の薩摩・大隈・日向における覇権が確立してしまい、耳川フラグにリンクしてしまうのが絶対にまずい。
  止めるならこの木崎原合戦でしかない。
  で、冒頭に戻る訳だ。

「姫。
  それがしを日向にお送りください」

「却下!!!」

 即答で四郎の提案を却下して、それが大喧嘩となってあの冒頭である。
  ちなみに、大友名義での派遣は伊東が嫌がるので、伊東家の縁戚である一条家からの援軍という形となる。
  なお、一条おじゃる丸がほざいた、私を養女として一条の娘にするは政治的にすごく都合がいいので、曖昧のままに使わせてもらっている。
  今回の日向派遣軍の費用を出しているのも、『一条家』の珠姫である。
  そんな政治的ロジックに尾びれがついたらしく、

 御簾の向こうから姿を見せない、才媛たる一条家の姫君

 がでっちあげられる事に。
  御簾の向こう誰も居ないんだけど。まじで。
  笑い話では、その姫に入内をと皇室が望んだとか。望まなかったとか。
  分かってて言っているのだろうが、うちを取り込む事で皇室や公家に落ちる銭目当てなんだろうなぁ。きっと。
  京都の一条亭が御所より立派なのは既に周知の事実になっているし、それを超えるようにと信長が二条の幕府施設を改築しているのも耳に届いていたりする。 
  話がそれた。
  派遣軍の規模は、雑賀鉄砲衆をまた雇い、御社衆を中心とした傭兵集団で三千という所か。
  伊東家の戦力と足して二十倍の兵力でも不安で仕方がない。
  そもそも、十倍の兵力を潰している時点で異常なのだ。
  けど、四郎の提案は魅力的な案ではあるんだよなぁ。
  大友側の大将でなく、かつ影響力が行使できる大将として四郎って実に使い勝手がいいのだ。
  だからこそ、敗北の可能性がある日向なんぞに送れるか。
  とはいえ、頭(大将)がいない御社衆がいかに脆いかは、これまでの戦で散々指摘されている訳で。
  まぁ、都合のいい大将がいるんで遠慮なく使おうと思っていた矢先だっただけに、四郎の志願をはねつけた訳で。
  現在六郷満山に庇護されている筒井家の臣たる島清興と松倉重信って使い勝手のいい大将が。
  この二人、畿内にいた事もあって雑賀にも顔が利くし、大友側の大将でもないので「筒井家復興の資金を出す」と持ちかけたら快く了承したのである。
  もっとも、こちら側からも大将は出さないとまずいとは思っているわけで、博多遊郭の御社衆を率いる怒留湯融泉か原鶴遊郭で御社衆を鍛えている恵利暢尭に出張ってもらうつもりだったのだけど。
  この面子ならば、大負けはしないだろう。

「姫!
  お待ちください!!」

 どたどたと四郎が追ってくるけど聞こえないふりを。
  けど、四郎は私を捕まえて心のうちをぶちまけた。

「お答えいただきたい!
  六郷満山の僧兵達を日向に送って、それがしを留めるのはどういう事ですか!
  それがしでは力不足と言うのですか!!」

 これがこたえるんだ。ほんと。
  説明できないのが本当につらい。
  待てよ……?
  四郎はもしかして、この間の試し合戦で彼ら相手に負けた事が今回の決定に繋がっていると勘違いしてない?   
  うわ。
  尋ねたくても尋ねられない。つついたら蛇が出かねない薮だ。これ。
  さぁ、どう言い逃れようか。

「四郎。
  四郎には播磨に出向いてもらおうと思っていたのだけど」

 考えていたのは事実だ。
  問題は、宇喜多直家や松永久秀や羽柴秀吉が闊歩する戦場に彼を投入する事になる。

 日向で島津義弘とガチでぶつかってもらう。
  播磨で宇喜多直家や松永久秀や羽柴秀吉とバーリ・トゥードルール一本勝負をしてもらう。

 どっちがいいだろうというか、両方バッドエンドじゃねーかと頭を抱えて放棄した案でもあるのだが仕方ない。
  まだ、南蛮船という制海権を握っているので、やばくなったら逃げられるこちらの案を薦めてみる。
  だが、私の話に四郎は静かに首を振った。

「姫。
  姫が、日向の動向をここの所ずっと探り、案じているのをそれがしが知らぬとお思いですか!
  姫が御身を日向に置いてこの戦を采配したいのは分かっております!!」

 その一喝に私は呆然とする。
  四郎にまで感づかれている、つまり、本気で策を練らないといけないのは日向だとバレている以上私はごまかすのをやめた。 

「死ぬわよ」

 真顔で言い放った私の一言に四郎が固まる。
  その顔にははっきりと『理解できない』といった言葉が浮かんでいる。
  そうだろうなぁ。
  何処の誰が、二十分の一の兵力相手に負けて、しかも命を落としかねないと言われて真面目に受け取るかというもの。
  ごくりと四郎の喉が鳴って、搾り出すように言葉を吐き出す。

「それほど……
  それほど、この戦は危ないのですか?」

「できる事なら、私が総大将で万の兵を率いていきたい所よ。
  けど、それを許す環境でもないしね」

 ため息をついてこちらも本音を漏らす。
  大友家次期後継者に内定している事もあって、勝手気ままな戦というのはできなくなっている。
  今回の日向派遣軍だって、家中で図ったら議論噴出で纏まらないのが分かっているので、大友家の戦力ではなく私の私兵である御社衆などが主体なのだ。
  毛利輝元がいい例で、これで負けでもしたらその汚名返上を迫られ、国衆に動揺が走る。
  つかの間の平和を楽しんでいる大友家にとって、自ら波紋を広げる事は次期後継者として自重せざるを得ないのだ。
  だからこそ、今回の合戦は『一条珠』が行う傭兵軍が絶対条件になる。
  この軍勢が敗北してもそれは一条家の敗北であり、大友家には何の問題もないと言い張れるのだ。
  分かっている奴は白い目を向けるだろうが、大半の国衆はこのロジックを見抜けないし、見抜くつもりもない。
  伊東家との外交関係と、家中の政治的制約からひねり出したこの三千という兵力が私が今回送れる限界なのだ。

「で、相手は鳥神尾の島津忠平。
  寡兵で戦をひっくりかえした大将よ。
  彼相手にこれだけの兵しか連れて行けないなんて、死ねと言ってるようなものじゃない……」

 ここで「死んでも構いませぬ!」あたり言ってきたならば絶対に行かせるつもりはなかったのだけど、四郎はにこりと微笑んで私を抱きしめた。

「死にませぬ。
  それがしは、珠の為に居るのです。
  必ず帰ってきます」

 その……耳元でそんな約束されても困る。
  顔が真っ赤になっているのが自分でも分かる。
  
「約束だからね。
  絶対にきっと帰ってきてよね。
  そうでないと、恋と鶴姫と三人で泣いちゃうから」

 あれ。
  何でだろう。
  目から熱いものがぽたぽたと。

「約束します。
  何があっても絶対に帰ってきます」
   
  まぁ、そこから先はあれでそれでしっぽりと……。
  こうして、私に四人目の娘を種付けして四郎は日向に向かったのだった。

 

 

 一条家 日向派遣軍   雇い主 一条珠

 総大将         立花元鎮 
   立花家         清水宗治・村上吉継・寒田鎮将         千
   御社衆+六郷満山僧兵衆 島清興・恵利暢尭・怒留湯融泉     千五百
   雑賀鉄砲衆       松倉重信                     五百

 合計                                       三千


  伊東家 真幸院侵攻軍  伊東祐安                    三千


  伊東・一条連合軍合計                            六千

 

 島津家 真幸院防衛軍  島津忠平(義弘)                三百

 


  作者より一言

 この時期の島津義弘は島津忠平と名乗っていたので、会話文についてはそれに修正。
 


 


戻る 目次 次