戻る 目次 

大友の姫巫女

 第九十四話 覇王対姫巫女  天王寺崩れ 

 

 近江国横山城を落した織田信長は、後始末を明智光秀に任せるとそのまま馬回りを連れて京都に入る。
  わずか数騎での入京を出迎えたのは羽柴秀吉だった。 

「猿。動ける兵はいくらある?」

 二条御所に入った信長に、近習より側にいる羽柴秀吉が平伏しながら告げる。
  この御所は現在大増改築工事中で、後に二条城と呼ばれるようになるのだが、現在では周りを職人達が駆け回り工事の木槌の音がたえなかったりする。
  秀吉のこの様な振る舞いには近習には嫌われていたが、近習以上に仕事が出来る事もあって信長は何も言わないので歯噛みするばかり。

「それがしの手勢が三千、馬廻衆がきて三千。
  公方様の手勢が二千という所でしょうか。
  松永久秀に命を出せば、大和より六千は連れてくると思われますが」

 もちろん、姉川合戦で損害を出した羽柴勢の新兵は、傭兵の補充だから錬度も士気も当てになる訳が無い。
  そして、近江横山城からこちらに向かってくる信長の馬回りは、最低でも二日の休息が無ければ満足に働けない。

「摂津国高槻城主入江春継が、三好三人衆側について城に篭っております。
  芥川山城主の和田惟政殿が兵を集めて警戒しており、それがしの手勢より山中幸盛を加勢に向かわせております」

 芥川山城は三好政権時の三好家の拠点のひとつだったが、信長の上洛後に京に座った足利義昭の家臣である和田惟政が城主を勤めていた。
  戦が三好家の家督争いで、浅井朝倉勢を相手にしていた織田信長が静観せざるを得ない政治状況ではあるが、とはいって戦の火種が無くなった訳ではない。
  足利義昭自身は義輝逃亡後に三好三人衆に攻められた事もあり、三好三人衆が上陸した事を知って積極的に兵を集め、織田信長の後詰をあてに積極的攻勢に出ようとしていたのである。
  そのあたり、足利義昭とて『三好義継が片付いたら次はこっちだ』程度の認識はあるらしい。
  タイミングを読まずに開戦しようとしてしまうのはどーよと突っ込みたくなるが、傀儡とはいえ織田家より上位存在である将軍家の戦である。
  羽柴秀吉と細川藤孝が必死になって押し留めたのだが、そんな苦労があったなど主君である信長に知ってもらう必要はない。

「構わぬ。
  そのまま高槻城を落とせ。
  池田勝正と伊丹親興は?」

 織田信長は上洛後、隣接する摂津の国人で大領を持つ伊丹親興・池田勝正と和田惟政の三人に守護の権威を与え(摂津三守護と呼ばせていたりする)摂津支配を認めて、間接的に摂津を支配しようと考えていた。
  だが、姉川での敗戦がここでも響いていた。
  言いにくそうな顔をしながらも、羽柴秀吉ははっきりと現状を信長に告げる。

「はっ。
  池田・伊丹共に三好三人衆側についており、手勢を野田・福島の城に入れております」

 とはいえ、予想はしていたらしく信長の顔に動揺は見られない。
  だが、口元がわずかに引きつっていたのを羽柴秀吉は見逃していなかった。

「丹波波多野家からは『公方様の命に従う』と。
  敵にも味方にもならぬという所でしょうか。
  この戦は元は三好内部の争い。
  我らは無関係との立場を取っている以上、池田・伊丹の両名を責める訳にはまいりますまい。
  既に細川殿と共に公方様がお待ちでございます」

 秀吉の時間稼ぎは功を奏し、こうして信長が京都にやってきた以上、やっと三好三人衆に対して全面的な攻勢ができる。
  その介入の名分も、幸いかな室町幕府幕臣である和田惟政による高槻城攻撃。
  これで三好三人衆が後詰に来れば、全面対決に持ってゆけるという訳だ。
  その為に形だけとはいえ室町幕府幕臣を動かす以上、織田信長は足利義昭に許可を貰うためにこうして二条御所に来ていたのであった。
  そして、それを見越して二条御所にて待ち構えて手配を済ませている羽柴秀吉も凄いといえば凄いのだが。

「任せる。
  松永はほおっておけ。
  あれはこちらの陣においても敵の陣においても毒にしかならぬ」

「はっ」

 この時に当の本人が堺にてのんびりと滞在して、西国からの客人相手に茶を立てていたりしていたなど、二人にはわかるはずも無い。
  
「おお、御父織田弾正忠殿。
  近江では無事に勝ったそうでなにより」

「上様のご威光のたまものかと。
  で、そのご威光を摂津に広めたく」

 足利義昭に平伏しながらも、織田信長は淡々と言葉を紡ぐ。
  その顔は足利義昭からは見えないし、足利義昭を見ようともしない。

「何、丁度自ら逆賊どもに鉄槌を下そうと思っていた所よ。
  やつらには、近江での借りを返さねばならぬのでな。
  間におうて何よりじゃ。
  藤孝。
  我らの兵はどれぐらい出せる?」

 横に控えていた細川藤孝がすらすらと答える。

「奉公衆が千五百程度。
  芥川山城主の和田惟政の手勢五百と合わせれば、二千程度になるはずです。
  あとは、織田殿の後詰次第ですが」

「京に詰めている兵三千は全て公方様の覇業に参加したく。
  殿も馬周り衆を連れてこちらに来た以上、公方様の尖兵として働く所存」

 既に具体的な所は羽柴秀吉と細川藤孝が詰めきっている。
  この場の会談は、政治的茶番でしかない。

「うむ。
  此度は自ら三好めを誅してくれよう。
  どうか御父にもお力を貸して頂きたい」

「承知」

 この時点において、足利義昭と織田信長の仲はまだ友好的であった。
  何よりも、双方とも越後にいる足利義輝と上杉輝虎とその同盟軍に対処しなければならず、仲違いなどできないという切実な事情があったからに他ならないのだが。
  何はともあれ賽は投げられた。

 

 織田信長はその日のうちに勝龍寺城に入り、羽柴秀吉の手勢に命じて高槻城攻撃を命じるという速攻を仕掛けた。
  局外中立をとっていた織田家が方針を180度転換し寡兵で参戦するなんて、三好三人衆側は誰も想定していなかった。
  和田惟政と山中幸盛の手勢は用意をしていた事もあり、高槻城はその翌日に落城。
  城主入江春継は城と運命を共にしたが、その焼ける城を背後に足利軍と織田軍馬廻衆が交流する。
  合計で約八千程の軍を率いて織田信長は堂々と南下。
  泡を食った松永久秀が、織田信長の軍勢に合流する為に大和に戻ったのがこのあたりだったりする。
  最高のタイミングで、三好三人衆の横っ面を殴り飛ばすつもりだったのだが、それより速い信長の介入に算段が狂ってしまったのだ。
  それは、三好三人衆にとっても想定外だった。
  池田勝正や伊丹親興みたいに『三好家内部の争い』という大義名分で、三好三人衆についた者も多い。
  三好義継のいる高屋城を攻めている時点でかなり無理があるが、浅井朝倉戦で兵を動かせないと思っていた畿内の国人衆はその素早い介入に気が動転してしまったのである。
  何より厄介なのが、二つ引き紋と共にやってきた足利義昭の存在である。
  既に将軍家の権威は地に落ちているが、この状況で足利の旗に戦をふっかけるという事を三好三人衆は理解していかった。

「ふん!
  地に落ちた将軍家の権威など何するものぞ。
  何を躊躇う必要がある。
  我らは義輝公の旗に入ればいい!」

 天王寺まで進出していた三好軍は、足利・織田軍南下の報を聞き、三好長逸は軍議の席で諸将にそう言い切った。
  えらく動きが鈍いが、三好三人衆とついているように彼らの合議で動いている為、どうしてもその行動は遅れがちになる。
  その上、二万という大軍、しかも畿内各地や四国から集結させた為に、時間をとられてしまったのだった。
  とはいえ、兵は三好軍が二万、織田軍は八千程度なのでまともに戦えば負ける事は無いはすである。

「左様。
  織田軍をここで潰して京を奪還し、越後から公方様をお迎えしようではないか」

 三好政康の言葉を、池田勝正と伊丹親興などの諸将は白々しく聞く。
  何しろ、少し昔にその越後公方足利義輝と対立し、彼の逃亡の原因を作ったのはお前らじゃないかと目で突っ込んでいたりするが、三好三人衆はあえてそれに気づかないふりをする。
  そして、あえて足利の名前を出さずに織田軍を強調する見え透いた虚勢も、諸将を白けさせるのに十分だった。

「高槻城が落ちたことで、茨木城の茨木重朝も織田側について城を開けたらしい。
  急いで高屋城を落として、織田軍に向かった方がいいのでは?」

 岩成友通が少し焦った顔で強硬論を進言する。
  今は八千程度の織田・足利軍だが、高屋城に篭る三好義継や畠山高政の手元には八千の兵がいる事を物見の報告で知っていた。
  これが合流したら一万六千となり、少し厄介になる。
  そして、大和から松永久秀が兵を引き連れた場合、間違いなく兵力は逆転するだろう。
  それならば、今のうちに各個撃破するしか道は無い。

「高屋城は逃げぬし、手間取れば織田・松永の軍勢に袋叩きにあうぞ。
  それより先に織田軍を叩くのが先決だろう。
  織田軍は近江での戦から連戦になる。
  力は出し切れないだろう」

「うむ。それも一理あるな」

 三好長逸が岩成友通の意見に対して異を唱え、織田軍を叩く事を主張し、三好政康もその意見に賛同する。
  岩成友通とて各個撃破の主張から逸れておらず、後詰を叩くのは理にかなっていたのでそれ以上強く言う事も無く、軍議は軍を戻して織田軍と対峙する事を決定したのだった。
  彼らは足利の旗を攻撃する政治的意味をまったく理解していなかった。


「た、大変にございます!
  昨夜のうちに池田勝正と伊丹親興の二将が陣を払って姿を消しておりまする!!」

 軍議の翌朝に飛び込んできた凶報に三好三人衆は一様に呆然とした顔になって、我に返るのに少しばかりの時間を有した。
  たしかに、京都や畿内近辺では将軍の権威は地に落ちている。
  だが、各勢力が息を潜めて動向を見守っている政治的案件において、明確な意思を表明するという事が何を意味するのか理解していなかった。
  この戦の意味が、『三好家の争い』から『将軍家の争い』に変わった事を、応仁の乱の戦火を一番受けた畿内の国衆は機敏に反応したのである。
  そして、池田勝正と伊丹親興の領国は摂津の北にあり、このまま織田軍が野田・福島城に寄らずに西進した場合、狙われる位置にあった。
  彼らが率いていた兵は合わせて三千にも及ぶ。
  それが一夜のうちに消え去ったのだ。
  諸将の動揺は激しく、その中で凶報が次々と舞い込んでくる。

「織田軍が摂津中嶋城に入城しました!」

「高屋城の兵がこちらに向かっております!」

「大和の松永久秀が『将軍家に弓ひく者を誅する』と兵をあげました!」

「国人達が騒いでおります。
  『公方に弓引くなんて話が違う』と!」

「堺町衆が荷をおろしてくれません!
  『逆賊におろす荷はない』と!!」

 当たり前である。
  足利の旗を立てるという事は将軍家に弓引くという訳で、明確な逆賊である。
  これで合戦でもして勝ったのならばまだ話は別なのだろうが、戦う前であり各勢力とも日和見を決め込んだのである。
  そして、三好三人衆が松永久秀と組んで、足利義輝を逃亡に追いやった事を畿内の各勢力は当然のように知っていた。
  今更、三好三人衆が足利義輝の旗を掲げても、誰もついてこないのは当然である。
  自らの過去の所業が、己の政治的権威を完膚なきまでに叩き潰してしまったのだった。
  そして、反足利義昭を明確に示してしまったが為に、周辺勢力にとって足利義昭の旗を立てれば三好領を合法的に侵略できる大義名分を与えてしまったのである。
  もちろん、逆賊を避ける為に足利義輝を公方とする旗を三好三人衆は結果的に立ててはいるので、義輝を支持する大名からの支援をあてにできない訳ではない。
  だが、一番近い義輝派である浅井・朝倉家は織田との戦で疲弊して援軍を出せる状況ではない。
  かくして、戦わずして三好軍は壊走して野田・福島城に逃げ込んだのだった。
  その途中で細川昭元をはじめ三好政勝や香西佳清等次々と離反者が出て、野田福島の両城に逃げ込んだ三好軍は一万を割り込んでいたという。
  その壊走劇は、本陣を置いた天王寺の名前を取って天王寺崩れと呼ばれるようになるのだが、それは後の話。
  逆に、織田軍は池田勝正と伊丹親興などの離反者を吸収し、高屋城に篭っていた三好義継と畠山高政、大和から兵を引き連れてきた松永久秀の軍勢を足して二万四千にまで膨れ上がっていた。

 更に追い討ちをかけたのが、西国最大の超巨大勢力である大友毛利連合が動かないと宣言した事である。
  毛利は次期当主毛利輝元の名前に義輝の字まで貰い、現在堺に来ている大友珠姫は義輝自身と面談した仲なのにも関わらず、たまたま堺に来ていた珠姫の言葉、

「大友も毛利もこの戦に関与するつもりはなし」

 の宣言に三好三人衆は絶望で真っ青になる。
  堺の荷おろし拒否は、この珠の発言が元になっていた。
  もちろん、珠の中立――実質的な信長への支援――表明は高度な政治的サインでもある。
  背後に敵を抱え、瀬戸内海の制海権を持っていない織田信長がこのまま淡路や四国を攻めるのは不可能だ。
  ここで信長に恩を売ることで、三好の本拠である阿波・讃岐・淡路を大友毛利連合が始末すると言っているのだった。
  また都合がいい事に、四国には三好と隣接していて、大友毛利の勢力圏に入っていない長宗我部という存在もある。

 織田軍が野田・福島両城に多数の付城をつけて包囲下に置いた時、堺町衆と石山本願寺が和議の仲介に出てくる。
  この野田・福島城攻めは、結果として織田信長の石山本願寺と堺に対する恫喝になっていたのもあるし、人の家の前で長く戦をされたらたまらないというのもある。
  野田・福島城の開城を条件に、三好三人衆以下城兵を四国の三好領に返すという条件に織田信長はあっさりと同意したのだった。
  彼にとって、この戦は得るものが多かった。
  彼が擁する足利義昭の権威を畿内である程度確立し、矢銭で面子を潰された石山本願寺と堺にも恫喝をしかけた。
  もちろん、長期の包囲戦で背後を浅井朝倉軍に襲われるのを嫌ったのもあるし、包囲している兵の殆どが寝返ったか日和見していたかで、当てにならない事を熟知していたのが大きい。
  和議は成立し、三好軍・織田軍ともに兵を引き上げる。
  だが、織田信長の馬廻り衆および羽柴秀吉の軍勢は、南下して堺の目の前で陣取った。
  信長にとって、この戦の最大の成果を取りに行く為の南下で、織田軍はまるで誰かを出迎えるように堺の手前で陣を敷いた。

「京に行くわよ。
  織田軍の護衛つきでね」

 その光景を伝えられた珠姫はため息をついてこう言ったと伝えられるが、一説には堺の城壁から信長を見つけて、気が狂ったかのように笑い転げたという。
  その時、織田信長も城壁にいた珠姫を見つけて笑ったというが、後世の創作だろう。
  かくして、姫巫女は覇王に捕らえられ、舞台は京に移る。


  地理メモ

 高槻城      大阪府高槻市城内町(城址公園)
  芥川山城     大阪府高槻市原字城山(三好山)
  茨木城      大阪府茨木市片桐町(茨木小学校)
  摂津中嶋城(堀城) 大阪府大阪市淀川区十三元今里1丁目(十三公園)

 

 作者より一言

 この『覇王対姫巫女』の章を持って、第一部完とする予定です。
  あと数話で終わる予定ですが、最後までお付き合いしていただけると幸いです。

  

 

 

 

戻る 目次